高塚地蔵尊 本文へジャンプ


高塚地蔵尊の紹介


イメージ
 高塚地蔵尊本殿と
    当店(ふもと屋)


 一念洞


 お抱え地蔵さん


 恵みの玉



 霊水


大分県日田市天瀬町にある『高塚愛宕地蔵尊』は、神仏混仰(神様と仏様を一緒に奉る)形式をそのまま残している珍しい地蔵尊です。いろいろなお願い事に大変ご利益があるとして、一年中たくさんの参拝者が訪れます。

《地蔵さまの由来》

今から約1200年前、行基という偉い僧が聖武天皇の御命令を受けて、諸国行脚の途中、豊後の国日田郡(現、日田市)を通られたときに、行基は何気なく高塚の地を眺めました。
その時、身の引き締まるような霊気と、言いようのないありがたさに心を打たれました。
「その地こそ、国や人々の悩みを救う大権現様の出現される霊地に違いない」と予言されたそうです。
高塚の地で一心に地蔵菩薩を念じていると、大きな公孫樹の中ほどに突然、金色の光を放つ三個の玉を見つけました。行基は驚き、私の祈りが地蔵菩薩に届いたしるしであろうと思い、なお、一心に祈りを続け、公孫樹の大木に登ってみると、三個のうちの一個は乳房の形をした宝珠でした。そして自らノミを持って一体の地蔵菩薩を彫りました。
村人たちに「まことの心を持って宝珠、地蔵尊に祈願するなら広く万物は生み栄え、一切の御利益を与えられよう」と説かれました。
その後、公孫樹の大木は『乳銀杏』とよばれ、長い歴史の間、子孫を恵む霊樹、母乳を授ける霊樹、子供の健やかな成長を叶えてくれる霊樹としてきました。

行基は天平21年2月2日82歳で亡くなられました。
その後、天暦6年2月に行基の偲んだ村人が公孫樹のそばに小さな御堂を建立しました。
行基の刻んだ地蔵菩薩を祀ったのが『高塚愛宕地蔵尊』の始まりとされております。

平成14年9月24日に1050年祭が行われました。
これを記念して『一念洞』を掘り、その中には、たくさんのお地蔵様と閻魔大王様をお祀りされています。


《地蔵菩薩の礼拝》
  「おん・かかかび・さんまえい・そわか」と3回唱えます。


《地蔵さまのお祭り》
 ◎春の大祭  3月24日  
 ◎夏の大祭  7月24日
 ◎秋の大祭  9月24日
  ※お神楽やさまざまなイベントも行われる予定です。

 ◎弘法大師さまのお祭り  4月20日・8月20日
  ※あずきごはんのお接待があります
   
 ◎大神宮さまのお祭り  9月15日
  ※あまざけのお接待があります
   
 《各、お祭りの内容やお接待などは変更の場合もあります》